いてりなじりお

ポケモンメインの雑記です。

ポケカ大会の結果報告

こんにちは、習近平です。「ポケモンカードゲームチャンピオンズリーグ2018公認大会1st」に出場してきましたので、そこでの戦績や感想をば。大会名長すぎか。

ルールは全年齢対象のスタンダードレギュレーション、形式はスイスドローのワンゲームマッチです。3敗を喫すると脱落になります。

 

使用デッキは前回の記事で紹介したものとほぼ変わらない白レックです。ウソッキーだけ入れました。

 

1.ルガルガンゾロアーク × 

じゃんけんに勝つもなにを血迷ったか先行を選択。なんとか盤面を作るがウソッキー処理が先決のケースでイワンコにフラダリを打ってしまう。このプレイがすべてだった...その後見事ウソッキーに封殺され死亡が確認された。

f:id:RYUSEIGUN:20171127214314j:image

 

2.ゾロアークドータクン ×

じゃんけんの調子はいいが頭の調子が悪い。またもや先行を選択してしまう。ドーミラー?メタルチェーンは知ってるけどなにと合わせてんの?とか思ってたらやっぱりゾロアークだった。ORAS期のガルーラかよ。なんやかんやでウソッキーに封殺され死亡。

f:id:RYUSEIGUN:20171127214253j:image

 

3.不戦勝 ⚪︎

やっとエンジンがかかってきた。俺と言えば不戦勝だ。戦わずして勝つ、こんなにも素晴らしいことがほかにあるか?いや、ない(反語)

 

4.ボルケゾロアーク ⚪︎

ここで俺氏、白レックが後攻デッキであることを思い出すファインプレー。じゃんけんに勝ち高らかに後攻を宣言した。相手のハンドが思わしくないのに対しこちらは後1から殴れる盤面を形成。そのままごり押した。

ボルケは横に並べてなんぼだしゾロアークとはいい噛み合わせだね。ちょっと重苦しそうだったけど。

f:id:RYUSEIGUN:20171127214234j:imagef:id:RYUSEIGUN:20171127215135j:image

 

5.夜行 ×

今大会で一番悔しかった試合。テテフのエナジードライブって弱点計算しないのかよ!(テキスト見れば書いてあります)

マーシャドーを落とすつもりで「エナジードライブ...サイドもらいます...」ってスカした感じでセリフ吐いたのクソダサかった。

それでもなんとかオドリドリやN様に頑張ってもらいトップ勝負まで持ち込んだが、ニコタマを引かれ死亡。対戦相手の右手は光り輝いていた。

f:id:RYUSEIGUN:20171127214204j:image

 

以上が本戦での試合結果になります。プレミも酷かったけど環境の向かい風は確かなものですね。どんなデッキにもゾロアークが入る昨今ではウソッキーの採用など目が悪いからメガネをかけるくらいに当然なこと。だからと言ってメタカードのメタまでしてるほどの余裕はさすがにありません。(そもそもウソッキーにはこれといった対抗策がない)f:id:RYUSEIGUN:20171127043637j:image

 

まだまだ時間があったのでお次はサイドイベントに参加。3戦が保証されているガンスリンガー形式の対戦イベントでした。

 

1.炎デッキ ⚪︎

あまりにも単調な試合展開だったので相手のデッキを把握しきれませんでした。ホウオウ、エンテイが見えたのでおそらくボルケもいたと思います。

先1カキで前ホウオウを完成させられるも後1でMレックを立てワンパンさせていただきました。あとはポンポンとリズミカルにサポートを使い一蹴。後攻時の勝率の高さにうっとりしましたね。本戦の俺、なにやってんねん。

f:id:RYUSEIGUN:20171127214039j:imagef:id:RYUSEIGUN:20171127214052j:imagef:id:RYUSEIGUN:20171127044403j:image

 

2.ルガルガンゾロアーク ⚪︎

じゃんけんに勝ち後攻を選択。お相手の1ターン目はかなり出来の悪い感じでした。後1でMレックを立て小粒を地道に潰す。こちらがウソッキーを早めに置いたこともあり気づけばワンサイドゲームに。危なげなく勝利しました。

 

3.コケコジュナイパー ⚪︎

じゃん負け、後攻。蓄積されたダメカンを丁寧にAZで取り除きこちらも危なげなく勝利。3戦全勝の結果となりました。

f:id:RYUSEIGUN:20171127214409j:image

 

 

この試合が終わる頃にはすべての対戦イベントの受付が終了していたため、今回はここまで。やはり本戦で勝ちたかったので悔いがありますね。もう少し考えれば勝てた試合が多かった...。あと次からはじゃん勝ち後攻マストにします。先1オカルトマニアに怯えすぎました。。。

 

やはり大きい大会は緊張感があって楽しいですね。同行していたケビン、まりさん、お疲れ様でした!次は京都開催だそうなのでお金があれば行きたいなぁ。

 

ということで、余談はここまでになります。

 

なんと会場に私が愛してやまない女流棋士山口恵梨子様がいらっしゃるではないですか!!!こんなところでなにやってんの!!!てか初めて生で見たけどくっっっっっそかわいい...。ポケモン竜王戦のコラボだかなんだかよくわからんけどそれで縁があって来てたらしい。受付すれば多面打ちで指導してもらえたぽいんだけど将棋のルールよく知らないから断念。ぶっちゃけ見てるだけで幸せだった。ポケカの内容が思わしくなかったのも全部恵梨子様のせいまである。それくらい衝撃的でした。

f:id:RYUSEIGUN:20171127214649j:image

 

いや〜、高い金払って大会出た価値があったわ〜。

ポケモン新作、ついに来ましたね…

それはさておきわたくし、ポケカにハマっております。最近だと横浜のチャンピオンズリーグに出てきました。戦績はまぁまぁ…。基本は身内でパチパチやってるだけです(笑)

あ、ちなみに今回ポケモン新作の話はしません。引っかかったわね!

 

 

つーわけで自分用の考察メモ的な意味も込めて愛用の白レックを置いとこうかなっつって。次のチャンピオンズリーグも出るのでね。

てか、みんなポケカやってる?笑

 

f:id:RYUSEIGUN:20171116084749j:image

ポケモン(17)

MレックウザEX 3

レックウザEX 4

シェイミEX 4

フーパEX 2

カイリューEX 1

カプ・テテフGX 1

カミツルギGX 1

オドリドリ 1

 

グッズ(23)

ハイパーボール 4

バトルサーチャー 4

トレーナーズポスト 4

バトルコンプレッサー 2

レックウザソウルリンク 3

メガターボ 3

かるいし 1

フィールドブロアー 1

レスキュータンカ 1

 

スタジアム(4)

スカイフィールド 4

 

エネルギー(8)

基本はがねエネルギー 4

ダブル無色エネルギー 4

 

サポート(8)

N 2

プラターヌ博士 1

フウロ 1

AZ 1

グズマ 1

フラダリ 1

オカルトマニア 1

 

以上↑がレシピ、以下↓は個別解説です。

 

f:id:RYUSEIGUN:20171116152728j:image

MレックウザEX…エースです。実際に使うのは2枚が多いのでサイド落ちも考えてこの枚数が妥当でしょう。

フィールドを拡げて殴る。速くてデカい。

 

f:id:RYUSEIGUN:20171116152821j:image

レックウザEX…主軸のたね。スタートの確率を上げるため4枚が妥当かと思われます。実際は4枚すべてを使うわけではないので過剰に見えますが滑り出しを決めるのはココ。スタートをこいつにできただけで勝率が変わってきます。特に後攻時。

たねの白レックを1枚も入れないのは環境的な問題ですね。竜レックはニコタマバチュルを狩れるので優秀です。

 

f:id:RYUSEIGUN:20171116152846j:image

シェイミEX…当然4枚です。こいつに保険をかけておかないと殴る準備ができません。グズマフラダリの的になったりオカマで犬ころになったりと散々ですが、サポ権を使わないドロソは優秀すぎます。スカイリターンも強い。

 

 f:id:RYUSEIGUN:20171116153046j:image

フーパEX…ソウルリンクがあるとテンションが上がります。手札に応じてレックライン+シェイミやレック×2+シェイミなど。サイド落ちが死活問題になるので2枚。

フーパスタートはクソデカため息を吐いてから試合に臨むのが通例です。

 

 f:id:RYUSEIGUN:20171116153111j:image

カイリューEX…トラッシュされたリソースを回収し無理やり再展開するための1枚。ハイボのコストをポケモンにする立ち回りもできますし、フーパでは持ってこれないポケモンをコンプで落として回収などといった芸当も可能。太ってるくせに器用です。

 

 f:id:RYUSEIGUN:20171116153149j:image

カプ・テテフGX…動き出しから妨害、終盤の詰めにも一役買ってくれる便利屋アイドル。自分でも戦ってくれたりしておじさん好きになっちゃうかも。ただこのデッキの場合いなくてもなんとかなるのでピンでの採用になりました。

 

 f:id:RYUSEIGUN:20171116153212j:image

カミツルギGX…流行りのニコタマやカウンターエネルギーを剥ぐため採用。苦手な夜行に厚くする意味合いが強いです。GX技は言わずもがなの性能。後1でMレックが立ちそうにないときはのっけから打ってしまうのも手ですね。

 

 f:id:RYUSEIGUN:20171116153250j:image

オドリドリ…対夜行核兵器。これがないと夜行に勝てないので恐らく必須です。死にやすいのでカイリューやタンカでしつこく蘇生してあげましょう。

 

f:id:RYUSEIGUN:20171116162245j:image

ハイパーボール…始動はここからなので4枚必須です。サポートや鋼エネはガン回しの妨げになるので基本コストにします。セットアップのために対象なしを選択するケースも多々。

 

f:id:RYUSEIGUN:20171116162254j:image

バトルサーチャー…やむを得ずハイボやプラターヌに巻き込むこともあるのでこちらも4枚必須。

 

f:id:RYUSEIGUN:20171116162624j:image

トレーナーズポスト…ソウルリンクやメガターボ、スカイフィールドなど触りたいカードが多いので4枚。潤滑油みたいなものですね。3枚だと自由枠が作れるぶん安定感が落ちます。こいつの枚数調整はかなり難しいです…。

 

 f:id:RYUSEIGUN:20171116162634j:image

バトルコンプレッサー…後々使いたいサポートを切ったりメガターボのためのエネを落としたり。前述したカイリューとの相性も◎。終盤は山の濃度を高めるためにも使えます。2枚で十分ですがなかなか引けないので3枚にしたいという葛藤が…でも枠がない…。

 

f:id:RYUSEIGUN:20171116162652j:imagef:id:RYUSEIGUN:20171116162716j:image

レックウザソウルリンク、メガターボ… Mレックの枚数に合わせ3枚ずつ。

 

f:id:RYUSEIGUN:20171116162734j:image

かるいし…絶望のフーパカイリュースタートをケアするための1枚。

 

f:id:RYUSEIGUN:20171116162820j:image

フィールドブロアー…かるいしを剥いだりスカイフィールドを割って自軍のエサ(主にシェイミ)を切る動きなど、いろいろ使えます。

 

 f:id:RYUSEIGUN:20171116162839j:image

レスキュータンカ…カイリューと基本的な使い方は同じですが、序盤でやむを得ず落としたMレックの回収や山の回復などができます。

 

f:id:RYUSEIGUN:20171116163506j:image

スカイフィールド…エメラルドブレイクの火力を上げるために必須。4枚か3枚かは諸説ありますができるだけ序盤に張っておきたいので4枚。3枚だと割られて立て直すときに手間取りますしね。

 

f:id:RYUSEIGUN:20171116163527j:image

基本はがねエネルギー…カミツルギのためにタイプは鋼。Mレックのことだけを考えれば3枚で十分ですがツルギやオドリドリが殴ることも考え4枚にしました。5枚は過剰だと思います。

 

 f:id:RYUSEIGUN:20171116163540j:image

ダブル無色エネルギー…Mレックが殴るのに必須ですし、取り巻きにつけても強いです。フル投入必須。

 


N…EXデッキは攻められると終盤のサイドレースで不利になりがちなのでこいつに頼ることが多いです。序盤で切りたくないリソースを山に戻せるのも優秀。サイド落ちを懸念し2枚。


プラターヌ博士…パワーカードですがなくてもデッキは回るのでピンでの採用。


フウロ…トレーナーズポストで確実に触りたいカードに触れる…と考えれば強くないはずがありません。サポ権の使いどころを悩ませてくれる小娘です。


AZ…ヘビーなスターターを解決したりcipを使い回したりできる有能おじさん。ダメカンが乗ってないポケモンに使いたいケースが多すぎるのでアセロラでは代えが利きません。


グズマ、フラダリ…似たような効果を持つ2枚ですが、若干用途が違うので1枚ずつの投入になりました。


オカルトマニア…ネクロズマなどどう足掻いても勝てない相手に勝機を見出してくれる貴重な1枚。暇なときに打つと相手に嫌な顔をされます。

 

以上↑が個別解説、以下↓は入れ替え候補です。

 

f:id:RYUSEIGUN:20171116182141j:image

マギアナEX…白レックの取り巻きとして定番でありながらも前回のCLでまったく活躍せず信用を失ってしまいました。オーロットはどだい無理でしょうしジラーチもそこまで見なかったので不採用。これ抜いてるといざってときに痛い目見そうですね。

 

f:id:RYUSEIGUN:20171116182219j:image

ウソッキーゾロアークに対してそこまでの苦手意識がないので不採用。強いですが勝てる相手の妨害よりもこちらの準備を優先したいんですよね。ちなみにゾロアークが流行してるせいで流れ弾が白レックに当たってます。痛すぎます。

 

f:id:RYUSEIGUN:20171116235919j:image

サンダースEX…これだけ出してれば夜行に勝てるらしい。ただし貼るエネを探すために結局シェイミを置くという矛盾点が…。オドリドリに任せましょう。

 

 

f:id:RYUSEIGUN:20171117000117j:image

ギアナ…特性「きせかえ」のマギアナです。Mレックを立てたあと別のレックにソウルリンクをつける動きが強そうですが、無茶がある気もします。

 

f:id:RYUSEIGUN:20171117000219j:image

ルザミーネ…ぱっと見相性は抜群ですがなかなか重いです。結局そのターンにできることはスカイフィールドを張り直すことだけなのでそれならフウロでいいんですよね。先1ならコンプと併せて強い動きができそうですが…。

 

 f:id:RYUSEIGUN:20171117000250j:image

ククイ博士…たねの竜レックがニコタマでミュウを取れるようになったり痒いところに手が届きそうな感じです。

 

f:id:RYUSEIGUN:20171117000320j:image

こわいおねえさん…捨てるカードは相手が選ぶので手札が3枚以下でなければ効果が薄いです。たられば要素が多いので不採用。

 

f:id:RYUSEIGUN:20171117000402j:image

カスミのやる気…触りたいカードには大抵触れる印象があります。特にエネルギーを拾えるのがいいですね。でもプラターヌが強すぎます。

 

 f:id:RYUSEIGUN:20171117000533j:image

クセロシキ…ツルギとフィールドブロアーで十分ですね。いよいよお役御免な気がします。

 

f:id:RYUSEIGUN:20171117000558j:image

カリン…夜行があまりにも多いようなら採用も致し方ない…という感じですかね。カイリューやタンカが出たのでこちらへの恩恵は薄くなりました。

 

f:id:RYUSEIGUN:20171117000635j:image

ポケモンレンジャー…強いですができることならデッキには入れずリストバンドから出したい…そんなカードです。

 

 

 

とまぁこんな感じです。ごくごく一般的な白レックかと思いますが、夜行には負けないようにしてるつもりです。見ての通りグッズロックは無理ですね。最近はポストやコンプを入れずグッズロックで止まらない白レックというものがあるそうですが、トータルでの勝率を考えるとなんとも言えません。ボクレーが見えたらすぐデッキに手を置けるよう訓練しておきましょう。f:id:RYUSEIGUN:20171117001004j:image

 

野試合ではサイドもろくに確認せず回してしまうのでそろそろ大会に向けて矯正する必要があるかな。大会が終わったらまた記事を上げさせていただきます。ここまで見てくださった方ありがとうございました。ポケモン新作楽しみましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第1回かっぱ杯レポート

どうも、チャイナです。今回は少し前にあった大会のレポート記事になりますよっと。

グダグダしてるうちに賞味期限切れちゃったけど頑張って書くんで見てくだせぇ。

それでは早速…。

 

 

 

〜おしながき〜

1.導入

2.パーティ紹介

3.結果

4.おわりに

5.おまけ

 

 

 

 1.導入

 

この度私はかっぱさん(@kappakunTK)主催の「かっぱ杯」という大会に参加させていただきました。ルールはマルチバトルで、Twitterのフォロワーとペアを組んで出場するというもの。予想はしていましたが驚異の身内率!知らない人はほとんどいませんでした(笑)

 

今回ペアを組んでいただいたのは「芋虫お姉ちゃん」こと、くれはさん(@ya_kureha)です。

チーム名は「芋虫座流星群」。

ご協力ありがとうございましたm(_ _)m

 

 

 

 

 

2.パーティ紹介

 

さて、お次はパーティ紹介です。

私の使用パーティはモルフォンメガリザードンYニンフィアドサイドンカポエラーウルガモス

f:id:RYUSEIGUN:20160724143232p:image

そして相方のパーティがバタフリーフシギバナメガボーマンダギルガルドガブリアストゲキッスというものでした。 

 

「相方が虫好き」「こちらに偶然国際孵化産のモルフォンがいた」ということでまず初代の虫コンビを入れることに。スピアーは知らん^^

f:id:RYUSEIGUN:20160708213051j:image

並べられたのは1回だけでしたが絵にはなったかな…と。(個々の性能が低すぎて並べたくなかった)

 ※他のメンツは相方の育成済み事情からあり合わせになってしまったので"一応"晴れパというコンセプトでこちらが合わせる形にしました。

 

 

 

それでは1匹ずつ紹介、解説をしていきます。

 

 

 

まずはモルフォン

 

おくびょうHSベース@オボンorタスキ(特性:りんぷん)

175-×-81-111-97-156

ヘドロばくだん おいかぜ スキルスワップ いかりのこな

f:id:RYUSEIGUN:20160710051936j:image 

役割はインテリアです。

私が国際孵化をした中で唯一の理想個体であるこのモルフォンですが、驚くほど弱いしかしマイナーであるが故に特性が読まれなかったりスキスワが上手く決まったりすることはあります。デデンネほっすり→麻痺無効→ヘドばく急所でワンパンしたシーンは流石に笑いましたね。

ほとんどクロバットでいいです。

 

 

 

次はエース、メガリザードンY

 

ひかえめCSベース@メガ石(特性:もうか→ひでり)

161-×-99-177-106-144

オーバーヒート ねっぷう きあいだま まもる

f:id:RYUSEIGUN:20160710051703j:image

選出率は100%!有利な相手が並んでいるときにはねっぷうを押してるだけで勝ちまで持っていけます。

努力値はCぶっぱS準速ランド抜き余りH。Sは振りきってもいいと思いますが特に抜きたい相手もいないので調整。

 

きあいだまは闇の深い技ですが、やはり当たれば強いので採用。意識する相手はドラン、バンギ、ガルーラあたりです。めざ地との違いは一貫性の高さとドランの持ち物を考慮する必要がない点。全国ダブルでは何度もこれに助けられました。当てる自信がないならめざ地しましょう。

 

ソラビは撃ちたい相手が少なく、天候変化や守るの択が発生しやすいこともあり不採用。その代わりにオバヒを入れてます。めんどくさい敵を一発で火葬したいときに使いましょう。

 

 

 

続いては今大会MVPのニンフィア

 

ひかえめHBCベース@こだわりメガネ(特性:フェアリースキン

191-×-95-176-151-84

ハイパーボイス ねごと

f:id:RYUSEIGUN:20160710051900j:image

ニンフィアのケツをがっちり掴んでパンパンしたすぎるwwwww

 

手軽に作れるパワーポケモンで且つダブル向きなマンダ、バンギが多いだろうと考え、全体技で一気に削れるこいつをチョイス。その予想が見事に的中し、いい感じに場を荒らしてくれました。

技構成はダブルのメガネニンフによくある「ねごとで必ずハイボが出るアレ」です。他の候補技を入れてもよかったんですが、滅多に押さないのでこの構成にしてました。

しかし、まさかこの大会でねこのてダクホに2回も当たるとは…。情報漏洩でどこかしらに害悪チックなチームがあるというのは聞いていましたが、てっきり「いばるJAPAN」だと思っていました。

 

起きるタイミングは運任せなのでダクホが読めたら初手ねごとが安定択になるかと思います。

準決勝の対ねこのてダクホでは選出段階からある程度は読めていたものの、強気な選択ができずこいつを無駄死にさせてしまいました。反省。

 

 

 

お次はドサイドン先生!

 

ゆうかんAD@ラム(特性:ハードロック)

191-211-150-×-107-40

じしん いわなだれ れいとうパンチ まもる

f:id:RYUSEIGUN:20160710051807j:image

ドサイドンはなぜか先生って呼びたくなる。わかる。わかるあり。

 

最遅個体です。ニンフの項でお話ししたバンギ、マンダに加えアローやガルーラも多いだろうという予想からスッと入ってきた駒です。トリル対策にもなり得るのでなにかと安心感がありました。

ガルーラ意識でまもるをばかぢからに変えてもよかったんですが、技変えるのがめんどくさくてそのまま使ってました。そのため持ち物も半ば消去法のラムです。 そしてなんとこのラムが準々決勝の対ダクホで活きました。怠惰な自分、ありがとう。

 

 

 

ネクスト、カポエラー

 

いじっぱりHAベース@ゴツメ(特性:いかく)

157-154-120-×-132-92

インファイト ねこだまし ワイドガード てだすけ

f:id:RYUSEIGUN:20160711214743j:image

2体以上のポケモンを並べるルール、特にトリプルでは滅法強いこいつですが、この大会ではイマイチ。

マルチバトルの仕様上メガポケや強力な同名ポケモンを並べられることがあり、こいつの小手先の強さでは対応できないケースが多かったので選出自体が控えめでした。性格はいじっぱりですけどね(笑)

 

さて、ファスガ入れないの?という声が聞こえてきそうですが、一度使ったことがある人なら分かると思います。遅いポケモンのファスガは弱い。私これいつも言ってます。

ガルには上からねこだましされてしまうので、それを読んでてだすけしましょう。ダブルにおける優先度の重要さを教えてくれるはず。

ちなみにゴーストタイプには手も足もナニも出ません。

 

 

  

そしてラスト!ウルガモス

 

ひかえめCSベース@いのちのたま(特性:ほのおのからだ

161-×-110-187-126-144

ねっぷう むしのさざめき まもる ちょうのまい

f:id:RYUSEIGUN:20160711221911j:image

なぜ入れたのかわからないポケモン大賞2016」を獲れそうなレベルでなぜ入れたのかわからないポケモンです。

いや、当初はハッキリとした採用理由があったんですけどね。対戦を重ねるごとに「こいつ要らねえな」「枠潰しやめろ」「虫のクセに燃えてんじゃねえぞ」という負の感情が募ってきました。

(晴らした後隣に起点作りを置くという作戦だったので、「ちょうまい晴れねっぷう」が成功すればダイソンもびっくりのお掃除性能があるんじゃね?とか思ってましたが、さすがに夢見すぎてました)

一貫性や相性の関係でリザとの同時選出が難しく、まさかの 出  場  回  数  0  回 。正直すまんかった。

 

 

 

私のパーティ解説は以上になりますが、相方のパーティも要点だけ触っておきますね。

 

バタフリー→インテリア

起点作りを任されるも非力が故選出を控えられる。

 

フシギバナ→晴れ下アタッカー

マンダランド意識でめざ氷を入れた純粋な晴れ下アタッカー。最初はねむりごなだったが、のちにめざ氷であることが判明し、変更。しかし撃つ機会がなかった。

 

メガボーマンダ→メガ枠兼いかく枠

説明不要の強さ。ハイボで削る。準々決勝では自覚の塊だった。

 

ギルガルドE・HERO ワイドガードマン

 ニンフにとことん強い駒。他人産らしく無駄に色理想。

 

ガブリアス→非メガアタッカー

さすが主人公、ダブルでも強い。リザバナの苦手なドランを見るのが主な役目。

 

トゲキッス→スカーフを巻いた悪魔

良心がはたらいたのか選出回数0。出せばよかった。

 

 

と、まぁこんな感じです。細かい選出回数は忘れました。

基本選出は

私:リザ+ニンフ+@1

相:バナ+マンダ+@1

でした。

 

 

 

 

 

3.結果

 

結果は予選ブロック2勝1敗、決勝トーナメント準決勝敗退、3位決定戦敗北ということで4位でした。

準備がろくに整わないままの参戦だったので、正直ここまでイケるとは…。準決勝まではかなり運が良かったと思います。

神様ありがとう。

 

 

 

 

4.おわりに

 

率直な感想としては、新鮮で楽しかったです。Skypeでの相談を許されていたので全試合通話を繋ぎながら戦ったんですが、これが面白い。小さな窓とは言え、苦楽を共にできる瞬間というのはやはり心地よいものです。「マルチバトルは相談なしでミラクルが起きるから面白いんだろ!」という声もあるでしょうが、これはこれでまた一興という感じでした。

心残りがあるとすればスケジュールのトラブル?で棄権者が出てしまったことくらいでしょうか。個人的に戦いたいペアがあったので少し残念でした。

あ、あと催眠多かったね(準々決勝ねこのてダクホ、準決勝ねこのてダクホ、3位決定戦メガゲンガーダブル素催眠に当たった顔)

 

運営自体はほとんど滞りなくテンポもよかったと思います。かっぱくん、お疲れ様!

 

 

 

というわけで以上、第1回かっぱ杯レポートになります!いかがでしたでしょうか!

運営のかっぱくん、対戦していただいた方々、ここまで読んでくださった皆様、お疲れ様です!そしてありがとうございました!第2回もあれば是非参加したいなと思います!

 

 

 

 

 

5.おまけ

 

〜準々決勝を終えて〜

 

チ「いや〜、綺麗に勝てたね。」

く「だね〜!」

チ「そういえばさ、悪いんだけど各ポケモンのステータス画面送ってもらえる?さっきガブの努力値振り気になったからさ。」

く「おけおけ。ちょっと待ってね。」

 

 〜3分後〜

 

く「はいよ〜。」

チ「どれどれ………え、なにこの努力値振りは(困惑)Hに振りすぎィ!?火力不足ってはっきりわかんだね。」

く「あー、もらいものだからなぁ。どうすればいい?」

チ「ASぶっぱにして、どうぞ。」

く「おけ。」

チ「あれ、このフシギバナS実数値1足りてないぞ?」

く「え、そんなことはないはず…」

チ「80族は準速で132だけど…131…?めざ氷だよな?」

く「んー、まっさらバッグ叩いてみるか。」

チ「あ、このマンダもおかしい、Cが1低いぞ。」

く「ちょっと待てちょっと待て(ガサガサ)」

 

〜3分後〜

 

チ「どうだった?」

く「バナは努力値振りきれてませんでした。」

チ「………マンダは?」

く「C抜けでした。」

チ「^^;;;;;;;;;;」

 

〜おわり〜 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ORAS S17】スペシャルレート

みなさんどうも、チャイナです。

初投稿ですがサクッと行きたいので自己紹介は省きます。

 

シーズン17のスペシャルレートにて今期最高レートを記録することができましたので、少し早いですが構築記事を書かせていただきます。

 

今回のルールは「6150、メガ石およびタスキの禁止、選出30秒、技選択10秒」というもの。柔軟な頭の回転が求められますね。

それでは早速パーティ解説に参りましょう。

 

まずはレジアイス

 

採用理由はです。

このポケモン、好きなんですよね。語ると長くなるので省略しますが、全ポケモンの中でも1、2位を争うほどに好きなかき氷。Dはなんと200もあります。

 

ひかえめHC@こだわりメガネ(特性:クリアボディ

187-×-120-167-220-66

ふぶき きあいだま かみなり げんしのちから

f:id:RYUSEIGUN:20160720051620g:image

パーティは以上です。

単騎です。

修羅です。

しかし、勝てます。

今からその勝利の秘訣、各技の説明をさせていただきます。

 

 

まず「ふぶき」ですが、外せません(ダブルミーニング) 地力が貧相なのでれいビはありえません、ふぶき一択です。こおりの追加効果も優秀。ほとんどれいビの上位互換です。

 

 

次に「きあいだま」。これも外せません。単純に対応範囲が広がります。具体的な例を挙げるとドランバンギあたり…H振りドランは中乱数1なので、上の乱数を引くか炎技を躱しましょう。チョッキバンギもエッジを避ければ問題ありません。

 

 

そしてダークホース「かみなり」。これもまた外せません。強いです。呼ぶガルドに勝てます。物理型には流石に分が悪いですが、特殊型によく見られるラスカ→かげうちは大抵耐えられるので、返しのかみなりでわからせましょう。メガネでもラスカ程度では落ちないので大丈夫です。いざというときには麻痺もあります。

 

ガルドには3/5で勝てました。f:id:RYUSEIGUN:20160720054446j:image

 

 

そしてラストは「げんしのちから」。レジ系がこの技を覚えるのは制作側の意図したメッセージ…という面白い怪談がありますが、ここでは割愛します。

撃つ相手は主にガモス、アロー、ゴーリですね。メガネ故に威力の低いこの技を固定するのは、通常の大戦においては危険なのですが、互いに1匹のみの選出なので関係ありません。連打して完全無欠な要塞を築き上げましょう。

 

 

 

パーティ解説は以上です。

最高レートは1503、勝率5割。

f:id:RYUSEIGUN:20160720055810j:image

40戦目にしてようやく最高レートを更新することができました。対戦相手のほとんどが1400台だったので、1503だと恐らくPGLの2ページ目くらいでしょうね。レートを保存したいので今期はこれで終わります。

 

対戦した中にはレジロック単騎という「お前とはいい酒が飲めそうだ」と思わず口にしたくなるような相手にも当たり、大変エキサイティングな時間を過ごさせていただきました。

 

とにかく1試合当たりの試合時間が短いので、ガチでもネタでもストレスフリーでポケモンを楽しむことができるかなー…と。

1400に落ちれば修羅勢と戯れることができますので、私はそれをオススメします。

 

それではここまでお読みいただきありがとうございました、皆さんも良きスペレライフを。