いてりなじりお

ポケモンメインの雑記です。

ちゃいぐるめ #1

「せっかくブログやってるしポケモン以外の記事も書こう!」と頭を捻った結果メシしか思い浮かばなかった雑魚です。こんにちは。

 

さて、とてもおいしい蕎麦屋さんを見つけました。東京都国分寺市にある「つけ蕎麦 BONSAI」というお店です。本店が立川にあるらしくこちらは2号店だそうな。どちらも多摩地域ということで縁がない人にはハードルの高い立地かも。国分寺駅北口から徒歩2分程度のところにあります。

f:id:RYUSEIGUN:20171129134152j:image

 

カウンターが7席に2人掛けのテーブルが2席。スペースとしては個人経営のラーメン店なんかと大差ない感じです。有線にて流行してるアーティストの曲が流されてるあたりもラーメン店っぽいですね(笑)

平日のお昼時で空席はカウンターの2席。

 

f:id:RYUSEIGUN:20171129140259j:image

今回頼んだのはごまだれ鶏つけ蕎麦大盛りの味玉トッピング。830+100=930yen

食券を渡す際にアツかヒヤかを聞かれます。寒いですがメシには妥協を許さないワイ将、高らかにヒヤを宣言。

 

 

 

f:id:RYUSEIGUN:20171129140509j:image

「夕飯どうしようかな〜」なんて妄想を膨らませてるうちに着丼。調理時間は5分程度でしょうか。早くて嬉しいです。

 

f:id:RYUSEIGUN:20171129143618j:image

つけ汁は動物系スープに豆乳と白ゴマを合わせたもの。中には鶏胸肉や白ネギ、胡桃が散見されます。こってりな見た目ですが粘度は感じません。

 

めちゃくちゃうまいですね。ゴマのえぐみを豆乳がいい具合に揉み消してくれてます。双方の風味が損なわれることもなくひたすらいいとこ取りな印象。油分も程よくさらっとしていながらもインパクトは十分です。いやはや、あっぱれな黄金比だ。

 

 f:id:RYUSEIGUN:20171129143814j:image

麺は昔ながらの蕎麦屋ではまず食べられないであろうモダンな感じ。しっかりと水締めされていて風味よりかは食感を楽しむタイプ。十割では出ないコシの強さがあります。長さは標準的。主張は強めですがスープの味付けが濃いめなので上手くバランスが取れてますね。味玉もトロットロでおいしい。そして刻み海苔多くて嬉しい(^^)

 

卓上には特製スパイスやらなんやらいろいろありますが、もっとも目を引くのは...。

f:id:RYUSEIGUN:20171129144235j:image

そう!揚げネギです!これね、もうつけ汁との相性がすごいんだから!(語彙力)

いや、リアルな話揚げネギってさ、歯茎に刺さるって欠点除けば薬味界の頂点に君臨できると思うんだよね。うまいもんにうまくなる加工施してるってもはや暴力だよ暴力、寿司に寿司乗せて食うようなもんだよ。

 

 

 

すみません、脱線してしまいました。脱線といえば最近電車に乗ってるときによく思うんですけど、あんなクソ重い鉄の塊があんな細いレールの上をあんなスピードで走ってよく脱線しないなって…なんか騙されてる気がしませんか?テクノロジーの先進化は結構なことですが頼りすぎもいかがなものかと思います。ほら、オメーのことだよチャイナ!

 

 

 f:id:RYUSEIGUN:20171129163308j:image

蕎麦を食べ終えたら〆にスープ割りです。茹で汁を再利用する蕎麦湯がポピュラーですが、こちらの割りスープはお出汁。ラーメン店のつけ麺と同じ感覚ですね。おいしい。

 

どの飲食店もそうですが卓上調味料など、使ったものは元の場所に戻しましょうね。客の立場としてそれくらい当たり前のことです。

 

 

 

ごちそうさまでした!!!

国分寺市、実はおいしいラーメン店が多いんですが、それらを差し置いて行ってもいいと思えるくらいクオリティの高いお店でした。次は本店に行ってみようかな(^^)

みなさんもぜひ足を運んでみてください。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

PS.俺がラーメンしか食わねえと思ったら大間違いだぞ愚民ども。